トピックス

「未来の大阪の運動会」に関するニュースやレポート、関わる人達の生の声をお届けします。

はじめてのラップづくり

photo:関西大学梅田キャンパス

未来の運動会 実行委員の大橋です。

未来の運動会をアピールするために作ったプロモーションビデオでは、人生で初めてラップの作詞(韻を踏んだあの歌詞のことをライムと言うそうです)をして、ラップを歌ってみました。
この投稿では、私がどうしてラップを作るにいたったのかをご紹介します。

出発点は、2つあります。
1つは未来の運動会を盛り上げていくため、楽しそうなPRをしたかったということ。
もう1つは、運動会は競技だけでなく、文化的な出し物(ダンス・応援合戦など)や空間作り(万国旗・入場門など)も定番になっているので、文化的な活動も新しくしたいという願いでした。

そこで、PVで作ったラップ音源を使って、運動会当日に未来の応援合戦のような事が出来れば一口で二度美味しいと考えたわけです。

参考事例としてYCAMで行われていた「応援ラップバトル」もありました。

アーティストの久保田テツさんがDJをやりたがっていた事も頭をよぎり、PVを創りましょう!と相談した所、「大橋さんライム書いてね。」となりました・・・

ライムを書き始めて、すぐに自分のセンスと教養の無さに落胆しまして、AIに書いてもらえないかとgoogleで検索
すると、幾つかのライム制作アプリがあるではないですか!
当初、あまりに大衆的過ぎる(口汚い…)AIに苦しめられたりしましたが、語彙が多くて上品そうなアプリとして、「RhymePlus!」をセレクト

「うんどうかい」で韻を踏みたい場合、以下のように自動的に検索候補が出て来るのです!

言葉の先頭で韻を踏むか、末尾で踏みたいか。また、サーチ対象の文字数も指定することが出来ます。
不思議なもので、機械的に抽出された単語から創作意欲が湧いてきて、梅田への思いを込めて出来上がったのが、以下のライムです。

Hack you! のビートに乗せて 現れる奴らはクルー
ここは梅田 レペゼンジャパン ガタゴト 最高の大阪の都市
逸材揃い 持ち込むトイ 作るぜスポーツ友だち思い
ガタゴト スポーツやるぜ 未来未来 テックもあるぜ
お誘い合わせてみんなで来てね
未来の運動会 はじまる

RhymePlus!はじめ、様々な方々の言葉や思いを散りばめて出来上がったのが、「未来の運動会はじまるラップ」です。
PVは非常に短い制作期間だったはずなのに、気づけば(?)チラシのビジュアルを使ったバージョンと、梅田・茶屋町実写バージョンの二種類が完成

素人っぽい発言で恐縮ですが、夜なのにちゃんと撮れるんだなぁとか、画質キレイだなぁとか、細やかな演出の数々に久保田テツさんのクリエイターパワーを感じざるを得ませんでした。凄い!ありがとう、久保田さん!

2月4日運動会のオープニングでは、このPV映像で運動会が始まる(ちょっとぐらい間違えちゃっても平気なんだね。という暖かい雰囲気の)幕開けとなり、また競技の1つとして「応援ラップバトル大阪編ムカデでサイファー」が完成し、最高の一時となりました。

未来の運動会では、ITやカルチャーを使った出し物が、これから、もっともっと沢山生まれていくと思います。楽しみですね。

最新記事

【レポート】第1回の未来の運動会の研究会

 

未来の運動会の研究会を開催しました

第1回を開催しました...

続きを見る

未来の運動会の研究会はじめます

「スポーツハッカソン」「未来の大阪の運動会」から半年ほど経ちました。また...

続きを見る

未来の大阪の運動会