トピックス

「未来の大阪の運動会」に関するニュースやレポート、関わる人達の生の声をお届けします。

参加者(小5)の感想文に未来を感じざるえない。次は学校の体育館でも!

未来の運動会が終わったその直後、小学校5年生の中山晴仁君が参加した感想を作文してくれました!
 

 

 
新しく作られた運動会種目のルールを言葉で簡潔に説明することは本当にむずかしいです。
3つの種目がわかりやすく上手にまとめられていてすごいです。

お母さんにいっしょに参加しようよと誘われた晴仁君、最初は乗り気でなかったそうです。
「晴仁の心になにかが残ったのでしょう」と、いっしょに参加したお母さんもうれしそうです。

一回の運動会からこうして、様々な物や出来事が生まれていきますね。

未来の運動会は、だれでも真似して開催できます。去年とはちょっと違う運動会をやろうと未来に向かっていく姿勢があればそれは未来の運動会です。先生や友達、地域の人々があつまって晴仁君の学校の体育館でできるといいですね。

それと
晴仁君のお母さんはコミュニティーナースという、病院ではなく町中で活躍するナースをされています。今回の運動会はコミュニティーナースの方々に救護担当をお願いしました。
けがをしがちな運動会というイベントを支えていただきました。

いろんな人のちょっと活躍があつまって、素晴らしい体験が生まれていきます。

梅田はお買い物の街ですが「もうかる」とか「商売」だけでなく、「楽しい」や「信頼」という根拠のない気持ちと行動もまた、地域を形作っていきますね。
こういう足跡がのちのち文化と呼ばれていくのだと思います。
文化とは子供も大人も関係なく人間が未来に向かって進んだ後に描かれたものなのでしょうね。

みんなでいっぱい考えて確かめてあって信頼しあって楽しく未来に向かうためのプラットホームに「未来の運動会」がなれるなら、やってよかったなと運営した私たちも思えます。

楽しい時間をありがとうございました。

最新記事

競技のガイドブック その④「応援ラップバトル・大阪編〜ムカデでサイファー〜」公開!

 

漫画で2/3(土)にできた運動会競技のルールがわかっちゃう!第4弾...

続きを見る

競技のガイドブック その③「大阪食い倒れ競争」公開!

 

漫画で2/3(土)にできた運動会競技のルールがわかっちゃう!第3弾...

続きを見る

未来の大阪の運動会